【キャンプ】ルーフテントの選び方と購入前のチェックポイント

ルーフテントでキャンプという言葉自体聞き馴染みがなくどのようなものなのかについて詳しく知らない人がほとんどだと思います。今回はルーフテントについてどのようなものなのか?どのように選べばいいのか?についてお話をしていきたいと思います。ルーフテントは従来のテントとは異なり地面に設置するのではなく車の上に設置します。このようにすることでキャンプの際の場所を減らすことができるほかにも砂や泥で汚れないことやキャンピングカーのように高額になることがないなどのメリットも様々あります。

キャンプに活躍!ルーフテントの選び方

テントのワゴン車

キャンプに使用するルーフテントを選ぶ際に重要なのが設置の仕方です。一般的には3つの設置方法があります。

手動式

手動でテントを開閉するもので、比較的価格が安いことが多いことが魅力です。一方で、力がない女性の場合やキャンプに慣れていない人などは開閉に時間がかかることがあります。

電動式

ボタンを押すだけで、電動でテントの開閉を行うものです。力を必要とせず関係に開閉できますが、手動式のものよりは価格が上がります。

ダンパー式

開くときは自動で行い、閉めるときは手動で行うものでハイブリット型です。

ウィードでは、アイキャンパー社製品の日本正規販売代理店として様々なルーフテントを販売しております。

車種の確認やテントの特徴を知ろう!ルーフテント購入前のチェックポイント

ポイントの文字

ルーフテントを設置する場合は通常のキャンプの際のテントと比べて注意をしなければいけないことがたくさんあります。ここではルーフテントを購入する前に注意してもらいたいポイントについて説明します。

車種の確認が必要

ルーフテントを取り付けるのが対応できない車種が存在します。まずはご自身の車が対応車種かどうかを確認する必要があります。

天候に注意が必要

ルーフテントの場合、通常のテントと違い車高分の高さが追加されるので風の影響を受けやすいものです。また、雨などの影響も直に受けてしまうので悪天候の場合は使用に関して注意が必要です。

冬にルーフテントでキャンプを行う場合、暖房設備などを設置することは困難ですし、地面から離れていることもあり焚き火などを行って暖をとることが難しくなります。冬にルーフテントを用いてキャンプを行う際は、天候だけではなく気温などにも注意して、暖をとることのできるような服装などを心がけてください。

車の燃費に影響する

二つ目が燃費です。ルーフテントの場合はしまっている時でも屋根の上に設置しているだけで空気抵抗を受けその結果車の燃費が悪くなるということがあります。

テント内で料理はできない

三つ目がテント内での料理です。通常のテントの場合、雨などが降っていたらテントの中で料理をすることがあるかもしれません。しかしルーフテントの場合は、安全上の理由から中で料理することは基本的にはできません。ルーフテントを使用する際は、通常のテントを使用する際に気をつけなければいけないことに加えて、更にルーフテントならではのポイントがあります。

以上のような気をつけなくていけないことに注意をして購入を検討しましょう。

ルーフテントをお求めならアイキャンパー社製品の日本正規販売代理店・ウィードにお任せください!

一般的にルーフテントをキャンプに利用するには、通常のテントよりも天候や気温に気をつける必要があります。また、購入の際にはご自身の車種がルーフテントに対応可能であるかどうかなどを事前にご確認ください。

ウィードでは、厳しい環境下でも快適に過ごすことができる丈夫な素材のルーフテントを取り扱っております。アイキャンパー社製品の日本正規販売代理店ですので、ご不明な点もなんなりとご相談ください。

ルーフテントでキャンプを楽しみたいとお考えの方はウィードへ

会社名 株式会社エムクライム
店名 ウィード本店ショールーム
住所 〒673-0415 兵庫県三木市府内町401−1
TEL 0794-73-8000
FAX 0794-73-8001
営業時間 9:00~19:00
定休日 水曜日
URL http://ikamperjapan.com