ルーフトップテントの耐久性・寝心地・寿命とは?屋根の凹みが気になる方へ

ルーフトップテントを購入して車上泊を楽しみたいときは、まずテントの耐久性や寿命、寝心地などをチェックしておくことが大切です。できるだけ長持ちすることに越したことはないですし、せっかく購入するなら快適に過ごせるテントを選びたいという方は多いでしょう。そこで今回は、ルーフトップテントの耐久性や寿命、寝心地について紹介したうえで、車の屋根の凹みや傷は問題ないのかという疑問についても解説していきます。

ルーフトップテントはどれくらい長持ちする?耐久性とは

ルーフテントを乗せた車

ルーフトップテントを設置して車上泊を楽しみたいときは、どれくらい長持ちするのか、その耐久性についてよく調べておきたいところです。本格的なルーフトップテントは高価なものも多いため、できるだけ耐久性は高いものを選んでおいた方が安心できるでしょう。

結論からいうとルーフトップテントの耐久性は、製品によって異なります。ただし、人気のものはしっかりとした作りのものが多く、長持ちもしやすいのが特徴です。例えば、人気のスカイキャンプの場合は、とても頑丈に作られており、家族で乗っていてもその重量に十分耐えられるのが魅力となっています。もちろん雨風にも強く、防水性能にも優れているため、雨の日に繰り返し設置したとしても傷みにくいのが特徴です。

ルーフトップテントは快適?寝心地は?

ルーフトップテントで寝る際に気になるのは、やはり寝心地です。硬くて寝づらいのではないか、腰が痛くなるのではないかなど不安に感じるポイントは多いでしょう。

しかし、ルーフトップテントは地面に設置するタイプの通常のテントと比べると、想像以上に寝心地のよさが確保されているのがポイントです。地面にテントを設置するとどうしても地面の硬さを直で感じることになり、寝心地の悪さが気になる方も多いです。

ルーフトップテントの場合は、そういったデメリットがないのが最大の魅力です。人気のスカイキャンプ新モデル2.0は、キングサイズの低反発マットレスを採用しているため、寝心地がかなり改良されています。快適性が高いため、寝心地の悪さを感じることなく、安心して眠りにつけるのがポイントです。

ルーフトップテントを設置するときの疑問:車の屋根は傷まない?

疑問に思う男性

その他、ルーフトップテントを使用する際に気になることとしては、本当に屋根は傷まないのかという点があります。屋根を使うことで結果として屋根が凹み、愛車が不格好な状態になってしまってはとても残念です。もちろん修理費もかさんでしまうため、ルーフトップテントを使用する前に屋根の耐久性に問題はないか、前もって調べておくことが重要になります。

そこで見ておきたいのは、車のキャリアの最大積載量です。一般的な車は70kg~100kgが最大積載量となっています。これは、荷物を積んだまま走ることを想定した数値であり、ブレーキやカーブなどによって負担がかかるという想定が計算されています。実際には、最大積載量の数倍の負担には車は耐えうるといわれています。

ただし、これはあくまで見解なので、ルーフトップテントを設置して車上泊する際は、車の傷みについて基本的に自己責任だと認識する必要があるといえます。屋根の凹みが心配な場合は、軽量で屋根が傷みにくいテントを選ぶのがおすすめです。

ルーフトップテントの寿命を知っておこう

ルーフトップテントを購入して車上泊を楽しむなら、テントの寿命についても把握しておきましょう。ルーフトップテントは基本的に長持ちしやすいものが多く、厳しい環境下でも傷みにくいのが特徴です。そのため、10年以上そのまま同じものを使っているという方も多く、もちろんその間はしっかりと機能性が保たれています。

どれだけの回数使ったか、どのような環境下で使ったかなど、使い方次第で傷みやすさ・傷みにくさは変わってきますが、基本的にルーフトップテント=長持ちするものといった認識は持っておいて問題はないでしょう。

ルーフトップテント購入前は耐久性や寝心地をチェックしておこう

ルーフトップテントを購入する前に、耐久性や寿命、寝心地などをチェックしておくと安心です。特に人気の高い製品はしっかりした作りで耐久性に優れており、快適に過ごせるのも魅力となっています。

ウィードでは、設置しやすく長持ちする人気のルーフトップテントを取り扱っています。寝心地の良さも魅力のため、ルーフトップテントをお求めの方はぜひご相談ください。

ルーフトップテントをお探しならウィード

会社名 株式会社エムクライム
店名 ウィード本店ショールーム
住所 〒673-0415 兵庫県三木市府内町401−1
TEL 0794-73-8000
FAX 0794-73-8001
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、木曜日
URL http://ikamperjapan.com